12月4日に

標準

来月4日に、ご近所の会場をお借りして、コンサートをします。題して『近所で素敵な音楽会』。昨年に続き、第二回となります。共演してくださるのは、昨年と同じく深井利枝さんです。

素敵な、というコンサート名は少々図々しいのですが、覚悟のようなものです。

ドクターX、というドラマがありますね。わたしは米倉涼子さんが演じていらっしゃる大門未知子というお医者さんが大好きで、録画をしてでも観ています。この大門先生がいつも手術の前に「わたし失敗しないので!」と言います。わたしは、すっごい自信だな〜、天才はやっぱりすごいな〜と思いながらずっと観ていました。

でも、別の番組だったか雑誌だったか、忘れてしまいましたが、こんなことを米倉涼子さんが話しているのを聞きました。

米倉涼子さんは、あのセリフを言うのが最初はすごく嫌だったそうです。でも、あのセリフは、自分に自信があるから言うのではなくて、失敗をしないプレッシャーを自分にかけるために言うのだ、と気が付いてからは、役の中で自然に言えるようになったのだそうです。

そうかぁ、と深く納得し、さらに大門先生はすごいな、と尊敬しながらドラマを観ています。

それにあやかって、というわけではありませんが、わたしも素敵な演奏をしよう!という覚悟を込めて、コンサートの名前を決めました。

今年は、9月にも大きな試練となるコンサートがあったので、GW明けからずっと練習三昧の日々を過ごしています。演奏会に出ることも企画することも自分で決めることですが、緊張したり、不安になったりするのは、学生の頃と変わりません。でも、自分で決めたことだからでしょうか。毎日がとても楽しく、充実しています。

利枝さんにサポートしていただきながら、また、夫や母に励まされながら、本番までのあと数日を大事に過ごしたいと思っています。

2016-12-04fb

 

発表会

標準


今年は9月に発表会を行いました。

一年に一回の晴れ舞台!参加した一人一人が、それぞれの成果を発表できました。

初めての方も、もう何度も出演している方も、緊張しながら、でも、嬉しそうに演奏している姿を見て、感動しました。

お客様の前で演奏するのは、とても大変なことです。不安や緊張とのたたかいを経て、発表会後は、皆さん、さらに上手になったと感じます。また来年、自信を持って演奏できるように、レッスンに通い、そして日々の練習を積み重ねて欲しいと思います。

本番の直前にだけ練習をするのはあまり意味がありません。1年前、半年前に頑張ったことが、実力として出るのです。今、今日の練習を頑張りましょう!レッスンもなるべく休まずに通いましょう!積み重ねです。

夏の思い出

標準


今年も暑い日が続いています。

今年の我が家は、少々年をとった学生が二人で過ごしているような日々が続いています。夫は英語の勉強に励み、わたしは練習です。家事はさっぱりやっていませんが、おかげさまで充実した毎日を送っています。

時間と課題に追われる中、帰省と息抜きを兼ねて、旅行をしました。あちらこちらに行きましたが、今年のメインは高山の花火でした。空に打ち上げる花火ではなく、人が筒の中に入った花火を抱いたまま点火して打ち上げる花火です。はじめて見ましたが、火と音の迫力に驚きました。花火を持つ人は怖くないのだろうか?と思います。一種の度胸試しとか、決意表明とか、そんなことから始まったのかもしれないな〜と想像しました。

今年の夏は、我が家にさくらが来て初めての夏でもありました。さくらは、なかなか大きくなりませんが、とても元気です。すももと毎日、プロレスをしたり、いたずらをしたりしながらゆっくり成長しています。

すももはおとなしいのですが、運動神経が抜群なので、散歩に行くと嬉しそうに格好良く走ります。さくらは負けじと追いかけています。

犬が2匹になって、我が家はとても賑やかです。今日も練習している足元で、2匹でプロレスをしています。

梅雨入り

標準


6月5日、関東地方が梅雨に入りました。楽器にとっては辛い季節です。

先月5月は爽やかな日が多く、新緑が目の保養になる、気持ちの良い月でした。

連休は、福井、富山、長野と旅行が出来ました。この旅行は本当に楽しくて、連休が終わって通常の毎日に戻ってからもよく思い出します。仕事から離れて、家族で朝から晩までリラックスして過ごせる数日は、元気の素になります。いつもながら、旅の企画から運転から何から何までしてくれる夫に大感謝です!ありがとう!

5月29日は、池袋の芸術劇場でムローヴァのシベリウスのヴァイオリン協奏曲のコンサートを聴きました。凛とした、まっすぐな音色と立ち姿。迫力のシベリウスでした。アンコールのバッハも感動でした。あ〜、言葉にすると伝え切らないなあ。。。とにかくグッときたのです。心の宝物になりました。

楽しいことの多かった5月ですが、新しい課題を与えられた月でもありました。また一つ、目の前に目標ができたので、それに向けて頑張る6月になります。

にぎやかな春

標準

%e6%95%a3%e6%ad%a9我が家にさくらが来て約2ヶ月。さくらはすっかり環境に慣れ、ごはんをたくさん食べて、すももと遊んで、元気に大きくなっています。

通ってくださる生徒さんや、保護者の皆さんにかわいがっていただいているおかげで、人が大好きな、物怖じしないワンコになっています。ありがとうございます。

新学期が始まって、少し変化があったり、考えなくてはならないことがあったりで、落ち着かない日々を過ごしていますが、すももとさくらの姿と温もりに、助けられています。どちらも小さい体なのに、すごいパワーがあります。

本当は意志が強いのですが、怖がりで何をするのも慎重なすももと、天真爛漫なさくら。性格の違う2匹のやり取りをみていると、人間関係みたいだな、と思うことがあります。ケンカをしながらお互いを知り、仲良くなったり、離れたり。離れているな、と思って見ていると、それとなーく相手のことを気にしていたりして。

どうしても小さくて動きが赤ちゃんなので、注目を集めてしまうさくらを、お姉さんのように見ているすももを見ていると、犬にも情というものがあるのだな、と知らされます。おもちゃを取られても、ハウスに勝手に入られても、じーっと我慢しています。きっと本当は嫌なんだろうな、と思うので、こっそりおやつをあげてみたりして、、、

我が家は2匹のおかげで、毎日にぎやかです。

2015年度末

標準

IMG_09482015年度が終わろうとしています。

2015年の4月からこの3月までの一年を振り返ろうと思いましたが、手帳なしでは何があったか思い出せない。。。忘れっぽくなっています。

手帳を見返してみると、あったねこんなこと、あー!そうそう、とほんの数ヶ月前のことなのに、とても懐かしく感じることばかり。366日ってあっという間ですね。

たくさんの生徒さんのレッスンを通して、それぞれの成長をみることができました。同時にわたしの勉強にもなりました。教えることも日々勉強なので、困ったことが新しい発見につながって、それによってわたしも成長するのです。手帳のメモをみると、その時々に考えたことや閃いたことが書き込んであり、どう伝えたらよいかを考えていたことを思い出します。

わかりやすく伝えることは、良い先生の条件の、正しく伝える、に次ぐ大事なことだと思います。

おかげさまで、生徒さんの数が増えてきて、先生としての生活がとても充実しています。生徒さんそれぞれのペースで、ヴァイオリンを習いに来てくださいますが、幸いなことに、熱心な方が多く、教え甲斐があります。5年、10年と長く続けてくださる方が多いのも嬉しいことです。

ヴァイオリンは、難しい楽器です。ですから、1年や2年ではなかなかモノにはなりません。始める年齢にもよりますが、まさに、石の上にも三年、です。それを保護者の皆様がよく理解してくださり、思うように上達できない辛い時期でも、一生懸命にお子さまを励まして、通ってくださって、本当に頭が下がります。その様子に、わたしもなんとか上手にしなければ!とやる気が湧いてくるのです。

先生ではないわたしの一年は、よく練習した一年でした。昨年11月に初めて開いた近所でのコンサートは、大変感謝な経験となりました。今年もやります!また、トリオの活動や、教会でのコンサートなど、良い仲間と共に音楽をすることができて、とても勉強になっています。一人で練習だけしていても、上達しないのが音楽です。誰かと一緒に演奏することで、刺激を受けたり、間違いに気がつかせてもらったりできるのです。そして、自分が上達すると、不思議なことに新しい人脈が広がったり、チャンスが巡ってきたりするのです。わたしの今の日常は、教える仕事が大半ですが、こちらの方でも思いがけない先生とお話しができる機会が巡ってきたりするのです。よくわかりませんが、自分の音楽向上意欲が高まって、努力ができていると、自信のようなものがわいてきて、それが良いことを引き寄せるのではないかと感じています。

4月からの2016年度は、生徒さんたちもわたしも、どんな風に成長できるのか、ワクワクしています。一歩一歩、まずは今できることから、気がついたときにすぐにやることをやってみようとおもいます。

さくら

標準


2月の終わりに、我が家に仔犬がやってきました。

さくらです。

さくらは、2015年12月22生まれの女の子です。来たときは780gでしたが、今は930gになりました。すももとは違い、とてもやんちゃで、じっとしていることが苦手なワンコのようです。

今は、トイレトレーニング中です。

すもも共々、よろしくお願いいたします!

2016 年

標準

BMPCC_1_2016-01-14_0759_C0011_000101新しい年になりました。今年もよろしくお願い致します。

今年はどんな年にしようかとお正月に考えました。挑戦したいことと、しなければいけないことを上手にバランスをとりながら、両立させたいと思います。それには、時間の使い方と計画の立て方が大事なのだろうな、と思います。

でも、思った通りにことが運ぶことはほとんど無いのが人生ですね!思いがけないことが起きたとき、予想外のことがあったとき、落ついていられるようになりたいものです。

さて、今年もレッスンが始まっています。昨年秋にレッスンを始めた小さな男の子が、すももの絵を描いてくれました。すももの特徴がとらえられた、素敵な絵です。ありがとう!

今年も、最善と必然をキーワードにしてレッスンしていきますので、すもも共々よろしくお願い申し上げます。

音楽会終了しました

標準

BMPCC_1_2015-11-29_1630_C0041_00045611月最後の日曜日、ご近所にある、素晴らしい木造建物であるいろりにて音楽会をさせていただきました。

はじめての試みでしたので、お客様が来てくださるかどうか、きちんとしたコンサートにできるかどうか、など不安がありましたが、多くの方々のご協力のおかげで、無事に開催することができました。ありがとうございました。

約5ヶ月の準備期間は、練習練習の毎日で、本当に幸せでした。音楽の魅力を発見する毎日でした。さらに、これまでの自分の思い込みを覆された経験でした。

まず、時間が無くて練習できないと、仕事や家事を盾にしていたことが、いかに間違っていたかを痛感しています。時間は作ればあるのです。

それから、年齢を言い訳に、挑戦することを諦めてはいけないということも学びました。やればできるのですね。やろう!と思ったことはこれからもどんどんやってみようと思います。

忙しい日々の中、膨大な量の音符を読み、的確に音楽を創るサポートをしてくださったピアニストの深井さんには本当に感謝でした。賢く音楽を分析し、わたしの適当に弾いている部分を明確にしてくださる発言に、どれだけ助けていただいたかわかりません。本当にありがとうございました。

BMPCC_1_2015-11-29_1643_C0043_000392コンサートの当日、受付から譜めくりから、最後の片付けまで、わたしの気がつかないところを細部にわたりサポートしてくださった塩山さん。ありがとうございました。受付を一緒にしてくださった高校生の女の子、小学生の生徒さんもありがとうございました。

いろりを快く貸してくださり、宣伝もしてくださった三橋様に、厚く御礼を申し上げます。

そして、お忙しいなか、聴きにきてくださった皆々様、本当にありがとうございました。

最後に、計画を始めてからずっと、チラシを作ったり、わたしの家事の手抜きを怒らずに耐え、わたしの機嫌が悪いときもじっと耐え、時に励まし、時にテンパるわたしを冷静にさせてくれた夫と、毎日毎日練習で、ろくに遊んであげられなかったすももに感謝です。家族のおかげでコンサートができました。

また、来年もチャレンジします。皆様、今後共どうぞよろしくお願い致します。

発表会終わりました

標準

BMPCC_1_2015-10-25_1427_C0043_00015710月25日、今年の発表会が終わりました。

今回は初めての単独発表会ということで、どうなることやら不安がたくさんありましたが、無事に終わることができました。

発表会という目標に向けて、夏頃に曲を決め、それぞれのペースで練習をしてきました。目標があると、みんな上手になるものですね。

来年に向けて、今週からまた気持ちを新たにスタートしています!

発表会