日本クラシック音楽コンクール

標準

コンクールは規模の大きいものから小さいものまで沢山あります。コンクールに挑戦する目的は人それぞれです。実績を積むため、腕試しをするため、場数を踏むため、、、。みんな自分の成長のために頑張ります。それなりに費用もかかりますし、準備に費やす時間、プレッシャー、緊張感はどれも自分との戦いです。

昨日、相模原南市民ホールで行われた日本クラシック音楽コンクールの地区予選のヴァイオリン部門、高校生、大学生以、一般の部を聴いてきました。

一昨年前から、生徒が挑戦したのをきっかけに、若輩者ながら審査員をさせていただいており、沢山の演奏を聴くことで多くの学びと刺激を与えられています。昨日も33名の、汗と苦労の塊のような演奏を聴かせていただきました。

本番で持っている力を100%出すことはとても難しいことです。緊張感の中でどれだけ発揮できるかは、それまでに費やしてきた練習時間と自分を信じる気持ちにかかっていて、舞台に立った時の状態はその時になってみないとわからないものです。初めてのホール、初めてのピアノの音、客席には審査員、こんな状況に身をおくわけですから、その日に向けて、どれだけの努力が必要かは想像に難くないと思います。

聴きながら、その演奏の良いところと改善したらどうか?というところをコメント用紙に書き込むのですが、これがなかなか難しい!努力の結晶の演奏だとわかるので、ケチをつけるようなことはしたくないのです。だから、なるべくトゲのない言葉で、自分の感じたことを伝えようと思うのですが、結局、ズバッと表現することになってしまったり、良いところが見つからなかったり。でも、一生懸命書きましたよ!伝わっていると良いのですが。

ヴァイオリンという楽器は、本当に難しい楽器だと思います。なかなか思うように扱えない楽器だと思います。正しい姿勢、バランス感覚、そして音感やリズム感といったソルフェージュ能力などがうまく融合して初めて良い音、心地よい音楽が生まれるのです。さらに、強い意志と忍耐力、そして、これが一番大事かもしれませんが、努力できること。考えると気が遠くなりそうですが、そんなことがみんな必要なのです。

哀しいかな誰もが一流の演奏家になれるわけではないですが、ヴァイオリンを通して培った、精神力や経験は人生の中で必ず生かされると思います。

教える仕事も、努力と忍耐です。自分が努力を怠ると、生徒がうまくなりません。わたしも生徒たちに負けずに、自分と戦いながら、成長していかねば!と気持ちを引き締めた一日でした。

夏の旅行

標準

今年の夏の旅行は三泊四日で、福井と奥飛騨と白骨温泉に行ってきました。

福井県は夫の故郷です。結婚すると決まるまで、行ったことがありませんでした。

永平寺や、東尋坊など、観光するところは沢山ありますが、今回は県庁の近くにある、福井市立郷土歴史博物館と、養浩館庭園に行ってみました。なぜ、そこかというと、毎週楽しく見ている龍馬伝で紹介されていたからです。

博物館は、福井県の歴史がわかりやすく展示してあって、期待以上に面白かったです。福井の人は、我慢強く、粘り強いといいますが、そのルーツを垣間見た気がしました。

庭園は、江戸時代中期を代表するお庭と書院造りの建物がある、風光明媚な場所でした。福井藩主松平家の別邸だったそうです。建物の中に入れるので、入ってみました。写真はその時のものです。私が立っているのは、お風呂から出て着物を着る「御上がり場」の隣にある板の間です。一番奥にお風呂場があります。

この日は今年一二を争う暑い日でしたが、建物の縁側に座っていると、心地よい風が吹いてきて、気持ちが良かったです。建物のすぐ下に池があり、鯉がゆったりと泳いでいます。その姿も涼しげでした。

福井県のお土産、といえば羽二重餅です。織物産業が盛んだった福井県ならではの生地に由来するお菓子です。いろいろなメーカーの羽二重餅がありますが、わたしたちは松岡軒のものが一番好きなので、帰省すると必ず寄ります。このお店の羽二重餅入りどらやきや、かき氷も美味しいです!

主人の実家とはいえ、遠くに故郷があるというのは嬉しいものです。運転する夫は大変ですが、わたしはいつもワクワクしてしまいます。

本郷台から福井まで、今回は8時間かかりました。渋滞あり、山道あり、大雨あり、、、そこを一人でずーーーーーっと運転してくれてありがとうね。隣りで時々居眠りしてごめんなさ〜い。

福井県から岐阜県の飛騨高山へ行き、野菜直売所で地元野菜をたくさん買い込み、翌日は長野県の白骨温泉の白いお湯にどっぷり浸って帰ってきました。

銀座でデート

標準

昨日は銀座に出かけてきました。久しぶりに都内に出た夫はキョロキョロしていました。まるでおのぼりさんです!

有楽町で電車を降りて、キョロキョロしながら歩いて、築地の手前にある時事通信ホールへ。

歌手でもあり、俳優でもある友人のtekkanさんが出演、演出したミュージカルを観ました。

この作品は今年の1月に初演されました。とても好評で、より大きなホールでの今回の再演となったそうです。1月にも観させていただき、とても感激しましたが、今回はまた違った印象を受け、感激しました。

4人のキャストは皆さん歌が上手く、演技に嫌みがなくて、とても心地の良い2時間でした。全編にわたって素敵な音楽で紡がれていて、どっぷり世界に浸ることができました。

tekkanさんは、様々な大きな作品にも出演されている俳優さんですが、どの役を演じても心に響いてきます。華やかな舞台に立つ前にどれほどの努力をされているのだろう、と思います。きっとものすごい努力をされているのでしょうが、舞台の上ではちょうど良く力が抜けていて、説得力があります。今回の舞台が心地よいのも、tekkanさんワールドの賜物だと感じました。

そんな素晴らしい作品を観た後は、気持ちがでっかくなっている+場所は銀座、ということで、夫婦でプチ贅沢をすることにしました。

三越の中にあるLADUREE(ラデュレ)というお店でアフタヌーンティ。

おいしかった!

トリオを結成しました

標準

横浜市栄区には栄ソリスティという音楽家の集まるコミュニティがあります。本郷台へ越して来て嬉しかったことのひとつです。越して来てしばらくは、夫しか知っている人がいなくて心細い毎日でしたが、新聞でそういう団体があることを知って、早速電話を掛けて参加させていただきました。まさか、地元で演奏会に出たり、音楽をする友だちができたりするとは思ってもいませんでした。だから、とても嬉しかったです。

それから一年。。。

そこで出会いがありまして、なんとなんと!クラリネットトリオを組むことができました!!

写真は練習の後、ピアニストさんのお嬢さんが撮ってくれました。ありがとうね!!

それぞれ、勉強してきた過程も、今の生活環境も、性格も音楽性も違うのですが、音楽が大好きで、もっと良い音楽をしたいという希望を持っているところは似ていると思います。それぞれ違うから、与えられる影響は大きく、同じ方向を向いているから、努力するパワーが大きくなるのだと感じています。

音楽を生業としている人は沢山います。音楽が好きな人も沢山います。そんな中で結成できるということは、奇跡のような気がします。まだ、出来たてホヤホヤで、これからどうなっていくのかわからないけど、この出会いを大事にしていきたいと思います。

音楽は一人では出来ないな、とつくづく思います。聴いてくれる人、一緒に演奏してくれる人、理解して支えてくれる人、、、大勢の人あっての音楽です。感謝しながら、良い音楽を目指して日々勉強です!

栄区あたりの名物トリオになれるように、<まじめに愉快に大胆に>進んでいけたらいいなぁ♪♪♪

夏期講習

標準

七月後半の10日間、母校での夏期講習に参加して、ドイツからいらっしゃったウルフ ヘルシャー先生のレッスンを受けてきました。

二年前にも受講したので、先生のレッスンを受けるのは2度目です。先生が覚えていてくださってとてもビックリ!しました。

今回は、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第6番を練習していきました。ベートーヴェンのソナタの中ではこじんまりとした作品ですが、温かい気持ちになれるので、わたしは大好きです。

ピアニストの茜さんとの演奏を聴いていただいてレッスンがスタートしました。

ベートーヴェンのソナタは特に、ピアノの弾き方を参考にして音を作ること、よりクリアな音色を目指してフィンガリングとボウイングを考えること、、、そんな基本的なことをまず教わりました。

それを踏まえた上で、表情をはっきりと付けることを始めていきました。恐い顔のベートーヴェン、優しい顔のベートーヴェン、という表現で示してもらって、とても頭の中がスッキリしました。

さらに、表情を付ける上でも必要な右手の使い方を、音階を使った練習方法で教えてくださいました。これは、すぐに日々の練習に取り入れられるので続けてみます!

最後のレッスンではテレマンのファンタジー第9番(無伴奏の曲です)を聴いていただきました。バロック音楽を現代の楽器で演奏する時の奏法や、装飾の入れ方を教わりました。

講習会の間に先生のリサイタルがありました。

モーツァルト、シチェドリン(1932ー  モスクワ生まれ。奥様はバレリーナのプリセツカヤだそうです。)、シューマンの作品で構成されたプログラムでした。レッスンでおっしゃっていたことが、より理解できるような気がしました。シチェドリンという作曲家、わたしは初めてでしたが、色彩豊かな、ヴァイオリンという楽器を生かしきった素晴らしい曲でした。面白かった!!

有意義な10日間でしたが、何よりも先生のお人柄から、沢山のことを学んだ気がします。温かく、優しく、大きな心の人だから、感動を与えられる演奏ができるのだと思うし、生徒も安心して練習や演奏の方向を決められるのだと感じました。<音は人>ということをあらためて実感できたことが一番の収穫だったかもしれません。

さあ、日常の小さなことはさておいて、練習するぞ〜♪♪